--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.20 05-06欧州CL決勝戦
20060518-04440914-jijp-spo-view-001.jpg


日本時間 5/18 3:45~
キックオフ 27:45 (現地時間 20:45)/会場:スタッド・ドゥ・フランス(サンドニ)/主審:テルイェ・ハウゲ
アーセナルvsバルセロナ

早朝3時45分からフジ系でやってたね。

えぇ、もちろん見てたよっ!!


当日は特にチケットの値段が高騰。日本円でいうと14万円以上で取引されるほどの超プレミアチケットになっていた(byダバディ談)。その貴重なチケットを手にした8万人の観衆。スタジアムは当然超満員。隣の人の声も聞こえないと思われるものすごい応援合戦。
審判たちは客の声援で互いの声が聞こえずらくなるので、今回初めて、それぞれイアホンマイクを付けて常にコミュニケーションが取れる状態を採用。
ボールは赤と青の線で銀で縁取りされた星のボール。あれ決勝だけなのかな?めちゃバルサ色だったねぇ・・・笑。

私はその日、アジカンのライブで疲れてたけど、目覚ましをかけて気合で起きたよ!
いやぁー、あの試合・・・前半から飛ばしすぎ!
息できないぐらい速いスピード。パス、ドリブル!!
アンリはボールを持ったら1人でも突っ込んで行き、必ず枠内へ打つあの技術!!エトーも同じく、あのゴール!あんな狭いところを狙って入るとは!!すげー!!って思わず叫んじゃった。ロナウジーニョのFKを打つときの真剣な眼、そして打った後の外れても笑顔。途中出場のラーションの絶妙アシスト!!選手を倒したとき、互いに手をタッチし合うフェアプレー精神。ケンカらしいケンカもなく、好印象の試合だった(審判には疑問があったが)。アーセナルGKレーマンは思わず手でエトーを倒してしまったが、その後のGKアルムニアも突然の出場でアップなんてする暇はもちろんなく、いきなりのピンチ出場にもかかわらず、よくやったと思う。しかもその後10人になったアーセナルが先制!有利はなずのバルサが追う立場となった。。なんということ!しかし、ライカールト監督のラーション起用が当たり、アーセナルの鉄壁のわずかな隙間をこじ開け逆転!!いやぁすごい・・・世界はすごいよ、みんなぁー!!(゚∀゚)!

監督・・・渋いベンゲルもいいが(次期日本代表監督に毎回上がっているが・・・)、私は毎回、ライカールトのあのノーネク姿がおしゃれでかっこうぃーと思う!練習のときは現役時代さながらの動きらしいよ。だろうねぇ・・・。まだ若い(44歳)のに監督として成功してしまった。ライカールト監督は、選手と監督の両方で欧州チャンピオンズリーグを制した史上5人目となったらしい!まだ5人しかいなんですな~。それだけすごいことだということです。(でもライカールトのおかげでサビオラは出れなくなったんだけどね・・・(´・ω・`)。)
それから、アンリは19日に会見して、バルサ行きを噂されてたけど、新たにアーセナルで4年契約をしたという記事があった。日本でトヨタ杯を見ようと思ってた私(早くもチケット根回し中)は、アンリが見れないのは残念だけど、アンリは「走り続けられる限りとどまりたい。家族のようなファンを置いてはいけない」と英国の新聞に語ったという。ファンは嬉しいだろうねぇ。もう一度、アーセナルで今度はCL優勝を! 
バルサはラーションが抜けたらどっかから誰か連れてくると思うけど・・・どうなんだろう。。


05-06シーズンUEFAチャンピオンズリーグ 結果
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://morinohana.blog44.fc2.com/tb.php/123-fc75ca82

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。